.
.
赤身を味わう
伊江島和牛

みんなにおいしい贅沢

ゆたかで繊細に華やぐ赤身、品よく甘く香る脂質、
ひと口、またひと口が止まらない和牛。
伊江島でおいしく愛されてきた自慢のお肉を知っていますか。
牛飼いたちが育んできたその和牛は、
お産を経験したお母さん牛、経産牛。
その赤から緋桜肉と名付けられました。

赤身にこそ和牛本来のおいしさが宿っている。
口にするたび、飽きずに旨さがつづく。
これって何より、みんなに贅沢なことかも。

和牛の本当のしあわせを、
この島から。

Iejima Wagyu

伊江島和牛

昔から畜産が盛んだった伊江島。ブランド和牛の繁殖農家が中心で、優れたブランド和牛の素牛を多く送り出してきました。伊江島では、年中青草が食べられる環境にあり、ミネラルの多い牧草を与えることができるためストレスのない環境での肥育が可能です。

Lean Wagyu Hizakura beef

赤身が美味しい和牛
緋桜肉

緋桜肉は赤みが美味しい和牛。 サシとも呼ばれる霜降り(脂肪交雑)の入り方は、和牛格付けのA2〜A3クラスに仕上げています。 和牛はA5が美味しいと思われがち。 でも実は、A5とは「歩留まり」と霜降りの度合い等を含む「肉質等級」が一番高いという意味。 味の評価ではないのです。 A5でなくても最高に美味しい和牛、それが緋桜肉です。

Hizakura method

緋桜肉の肥育

緋桜肉は、子牛を産んだ経験のある母牛を、
丹精込めて育て上げたお肉のこと。

緋桜肉は赤みが美味しい和牛。 サシとも呼ばれる霜降り(脂肪交雑)の入り方は、和牛格付けのA2〜A3クラスに仕上げています。 和牛はA5が美味しいと思われがち。 でも実は、A5とは「歩留まり」と霜降りの度合い等を含む「肉質等級」が一番高いという意味。 味の評価ではないのです。 A5でなくても最高に美味しい和牛、それが緋桜肉です。

Contact

お問い合わせ

緋桜肉に関するお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームか
tel.098-917-5935 へ直接お電話ください。
※営業時間:平日 10:00 - 16:00
お名前
Email
電話番号
お問合せ内容